ビジネス

ちびネスチャンネル 第10回 目に見えないものを売るビジネスの集客のコツは? 

今回は、「コンサルティング」や「企画」などを商品とする「目に見えないものを売るビジネス」についてのお話しです。

目に見える物を売るビジネスの場合には、それを購入した事で得られる価値が明らかです。モノという形があるからです。

 

一方、「目に見えないものを売るビジネス」は、「形」がないので、「商品の作り方」や「価値」の伝え方が難しいので、集客が課題となる場合が多いです。

そこで、今回は「目に見えないビジネスをされる方」に向けて、集客のコツをお伝え致します。

 

本記事の内容

  • 「目に見えないものを売るビジネス」では、誰でもわかるものから売る
  • 店舗を持たない「目に見えないものを売るビジネス」を、お客様にどうやって知ってもらうのか?
  • 「目に見えないものを売るビジネス」の場合、お客様との信頼関係はどうやって構築するのか?

「目に見えないものを売るビジネス」では、誰でもわかるものから売る

「目に見えないものを売るビジネス」の場合に、いきなり「コンサルティング」や「企画」を商品化しても売りにくい。

だから、最初は、自分の専門とする知識の周辺にあって、誰でもわかるものを商品化するのも、一つの方法。

例えば、IT系のコンサルティングであれば、「ホームページ制作」をフロントエンドの商品として設定し、「コンサルティング」をバックエンドの商品とすることで、最初はだれでも入りやすい入り口から入ってもらって、信頼関係が築いてから、バックエンドの商品をオススメすれば、誘導しやすくなる。

 

店舗を持たない「目に見えないものを売るビジネス」を、お客様にどうやって知ってもらうのか?

  • 身近な知り合いからサービス提供をして、口コミで広めてもらう
  • 公共の場で、セミナーなどを開く
  • 県の専門家登録制度を利用する
  • 一般の専門家登録制度を利用する
  • ホームページ

「目に見えないものを売るビジネス」の場合、お客様との信頼関係はどうやって構築するのか?

  • 無料セミナーや説明会を開く
  • 返金保証制度を導入する
  • 実績を作り、ホームページなどに掲載する

 

-ビジネス

Copyright© ちびねすTV , 2020 All Rights Reserved.